メイプルストーリー楓鯖で活動中です。更新は暇あればすると思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
覚える気ないけど
書くだけ書くよーん





▼フック 1665年
コルクの切片を観察し、細胞の存在に気付いた


▼ブラウン 1831年
細胞に核があることを明らかにした


▼シュライデン 1838年
植物細胞の細胞説を確立

▼シュワン 1839年
動物細胞の細胞説を確立


▼フィルヒョー 1858年
「すべての細胞は細胞から生じる」と唱えた


▽核
細胞の働きを調節する
核膜に包まれ、内部に染色体と核小体がある

▽ゴルジ体
動物の神経細胞で特に発達している

▽細胞膜
物質の出入りを調節し、外界からの刺激を受け取る

▽ミトコンドリア
酸素を用いて有機物からエネルギーを取り出すための呼吸が行われている

▽細胞質基質
多くの酵素が含まれ、色々な働きが行われている

▽細胞壁
細胞膜の外側を取り囲む丈夫な厚い壁。セルロースが主成分

▽液胞
植物細胞でよく発達する

▽葉緑体
クロロフィルム等を含み、光エネルギーを利用して、二酸化炭素と水から有機物を合成する光合成が行われる

▽中心体
細胞分裂の際に重要な働きをする


▼真核細胞
核膜に包まれた核をもつ細胞
そのような細胞からなる個体を真核生物という


▼拡散と浸透
◎水溶液では
水→溶媒
溶けている物質→溶質 という

◎溶媒と溶質が混ざり合う現象を拡散という

◎膜の種類には
溶媒も溶質も通さない→不透膜
両方を通す→全透膜
溶媒と一部の溶質しか通さない→半透膜 がある


▼受動輸送
拡散によって、物質が濃い方から薄い方へ移動する現象は、細胞がエネルギーを消費することなく自動的に起こるので、受動輸送という

▼能動輸送
細胞膜には濃度差に逆らい、エネルギーを使って積極的に物質を出し入れする仕組みがあり、これを能動輸送という

▼選択的透過性
細胞膜が物質を様々な方法で選び分け、透過させている物質を、まとめて選択的透過性と呼んでいる



▼体細胞分裂
◎核分裂の過程は順に
前期・中期・後期・終期にわけることが出来る

◎核分裂と次の核分裂の間の時期を間期という

◎細胞中の核には染色体があり、生物体をつくる情報となるDNAがある

◎分裂前の細胞を母細胞、新しく出来た2個の細胞を娘細胞という

◎同じ形の2本の染色体を相同染色体という

◎人の細胞→46本
卵と精子から23本ずつ受け継ぐ
卵と精子→n=23
受精卵→2n=46




スポンサーサイト
2010.05.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://holly126.blog47.fc2.com/tb.php/148-786841cf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。